総計: 726587  今日: 38  昨日: 12       Home E-Mail Admin Page
〜ドリフトマスターズMISSION〜
Drifters Room
イベント報告
製品案内及び取扱店
FAQ
BBS
へっぽこ専務のRC日記
MISSION
リンク
お問い合わせ
    
  
  
 DM-001DMSPタイヤ 
 DM-022 DMSPタイヤ「Ζ(ゼータ)」 
 DM-021DMSP夏タイヤ 
 DM-031DMSPインナー 
 DM-041TyphoonGP3300 
 DM-042Typhoonイリーガル 
 DM-051Harpoon23T 
 DM-062RCライティングセット 
 DMSP使用方法 
 ホイル装着例 
 Typhoon使用方法 

DMSPタイヤは非常に硬度の高い材料を使用していますが、

組み合わせるインナーやホイールによって味付けを変える事が出来ます。

 

インナーについて

・硬く、厚みのあるモノを入れる

(タイヤとインナーとの隙間をなくす)

 と より少ないアクションでドリフトが始まります。

・逆に、薄く、軟らかいモノを入れる

(タイヤとインナーとの間に隙間をつくる)

 と タイヤ自体のグリップが上がり、

 初心者の方や、うまくコントロール出来ない場合に有効です。

☆インナーはなるべく装着してください。

 タイヤの寿命を著しく縮め、偏磨耗によりドリフトが

 難しくなってしまいます。

★ホイールとの接着はしなくてもOKなので前後のバランス

 をインナーを変えてみても良いかもしれません。

 

ホイールについて

・現在各社から販売されているモノでしたら

 24o、26o問わず、使用可能です。が!

 @ 数年前に販売されていた「ナイロン」系のホイール 

   を使用される場合には注意が必要です。

   材質が軟らかい為、必要以上にタイヤがグリップ

   してしまいます。

   前後のグリップ力を変えるには「インナー」にて

   行なってください。

 A インチアップホイールは使用できますが、

   タイヤのショルダー部のRが立ってしまい、

   滑り出しがスムーズではありません。

・24oと26oとの違いについて。

  24oホイールに装着した場合を基本として

  26oホイールに装着すると

  ・ショルダー部のRが緩やかになる

  ・直径が若干小さくなり、インナーとの

   隙間が減る

  以上の事から若干ドリフトしやすい(滑りやすい)

  方向になります

   

  

    

      

MISSION
321-0912 Isii-cho,Utunomiya City,Tochigi-Pre,2911-2 2F
TEL/FAX 028-664-0281